【紅葉】関東から日帰りで楽しめる!山梨県北杜市の魅力をご紹介!

【紅葉】関東から日帰りで楽しめる!山梨県北杜市の魅力をご紹介!

10月末に予期せぬ休みが転がり込んできたので、ふと紅葉が見たくなり、山梨県は北杜(ほくと)市まで行ってきました!

横浜から約125キロ、高速を使って片道2時間半かかりましたが、大満足の一日を過ごせたのでその魅力をご紹介します!

なんで北杜市にしたの!?

紅葉を見に行くことを決めたのは前日の夜。

紅葉見たいよね。ってかこの時期(10月末)ってまだ見れないんじゃないの?なんて会話を妻としながら、2人でスマホで検索。

予想した通り、横浜の近場で楽しめるところはありませんでした。

そこで、範囲を広げてヒットしたのが北杜市!八ヶ岳の麓の街で標高が高く、既に見頃を迎えていました!

紅葉だけ見て帰ってくるのもなんか勿体無いよなーと思って調べてみると、結構街のHPが充実していて他にも楽しめそうだったので、ここに決めました。

画像:北杜市のHP(ほくとナビ)から

北杜市の向けていざ出発!

翌朝、少し暖かめの服を持って車に乗り込み、とりあえず北杜市目指して出発!

途中でサービスエリアで休憩しながらのんびり移動。

北杜市で一番紅葉が綺麗に見えるという、東沢大橋を目的地に決め、その周辺で面白そうなところを探します。

時間と場所を考慮した結果、山梨県立まきば公園とシャトレーゼ白州工場とサントリー白州工場に行くことにしました!

この記事では、紅葉のスポットをご紹介します!

紅葉のベストスポット!~東沢大橋~

まずは何と言っても紅葉が凄い!

八ヶ岳高原ラインの中腹にあるんですが、下の方からズンズン標高が高いところに向かって登って行くとどんどん葉っぱが色づいていくのがよくわかります。これだけ高低差があると、長い間紅葉を楽しめそうですね!

途中で一気に紅葉がきれい見える、紅葉のトンネルのような場所がありました。

車を止めて写真を撮っている人がちらほらいるぐらい、きれいに色づいていました。

止まりたい気持ちをぐっとこらえ、僕たちは目的の東沢大橋を目指します。

少し開けたエリアを進み、5分ほど走ったところで、小さな橋が見えてきました。

あれ?これが東沢大橋?普通じゃん。と思ってしまったのですが、すぐ近くに橋の全景を観れる展望台があり、そこから橋を見てみると、すごくきれいでした。

真っ赤に塗装された橋と赤や黄色に色づいた紅葉、まだ色づいていない木々のコントラストが絶妙です。

無料の駐車場もありますが15台程度しか停められないですし、展望エリアも狭いので、休日はかなり待つかもしれません。観光バスも来ていましたし。。

とはいえ、この時期に紅葉が見られるのはこのぐらい標高が高いところしかなく、季節を先取りしたい方は来る価値があると思います!

帰りにさっき見た紅葉のトンネル付近で一休みしてパチリ。近くで見るのもいいですね。

ぜひ足を運んでみてください!