子連れに最適!鼎泰豊(ディンタイフォン)横浜ランドマークプラザ店に行ってきた!

子連れに最適!鼎泰豊(ディンタイフォン)横浜ランドマークプラザ店に行ってきた!

2018年6月29日にみなとみらいランドマークプラザにオープンした、鼎泰豊(ディンタイフォン)に家族三人で行ってきたので紹介します!

ベビーカーでも楽々通れるほどの広さがあり、景色もみなとみらいを一望できるので、小さな子供を連れた家族が行くには最高のスポットだと思います!

それでは、さっそくいってみましょう!

鼎泰豊(ディンタイフォン)とは?

鼎泰豐(ディンタイフォン)は小籠包が看板メニューの点心料理店です。1958年に台湾台北市で食用油を取り扱う油問屋として創業した鼎泰豐は1972年に小籠包を始めとする点心料理の販売を始めました。
鼎泰豊の小籠包は地元の皆様を中心に美食家達の評判を呼び、新聞や雑誌のグルメコーナーでも紹介される人気レストランとなりました。1993年にはニューヨークタイムズ紙で「世界の人気レストラン10店」の1つにも選ばれ、一躍知名度が上がり、台湾国外からも多くの観光客が来店する世界的なブランドとなりました

僕も、大学の頃、当時の彼女(今の妻)と一緒に台湾旅行に行った際に本店を訪れ、初めて食べる小籠包のおいしさに驚きました。

薄い皮の中に閉じ込められた肉汁が、ジュワッと飛び出す瞬間がたまらないですよね!

どこにあるの??

ランドマークプラザの5階の一番クイーンズタワー寄りのところにあります。

職場がこの辺なんですけど、今日まで気づかなかった。。笑

今日は息子のために本を買いに来ていたんですが、偶然見つけて無性に小籠包が食べたくなり訪れました。

そこまでお腹が減っていなかったので、持ち帰りにしょうとカウンターの女性に言ってみたところ、「お持ち歩きは1時間限定」とのこと。

日曜日の16時ぐらいで、待っている人もいなかったため、小籠包だけでもいいので店内でどうぞ!と言っていただき、お言葉に甘えて入店しました!

どんなメニューがあるの?

▽小籠包各種

▽スープと一品料理

▽麺類

▽前菜

▽炒飯

オーソドックスな中華レストランといった感じです。

僕たちは、あまりお腹が減っている訳ではなかったので、お目当ての小籠包(4つ)とユーリンチーと豚肉入りチャーハンを頼みました。

注文は、伝票に自分で数量を書き入れる様式。日本ではあまりみないスタイルですね。

いざ、実食!

オーダーからほどなくして、小籠包用の生姜とジャスミン茶(無料)が運ばれてきました。

ジャスミン茶はおかわりも無料でできるみたいです!嬉しい!

ジャスミン茶でほっと一息ついたら、お待ちかねの小籠包の登場!待ってました!

こんなに美味しかったっけ??と思うほど、感動的な味わいでした。本当においしい!!

残りの二品も、思ったより量が多くて、納得の値段設定でした!

どんな料理が人気なの?

僕たちは頼んでいないのですが、小籠包やチャーハン以外にも人気メニューがあるみたいです。


麺類がおいしいみたいですね!

次回はぜひ試してみたいと思います!

基本情報