【超低出生体重児】【NICU卒業生】【コウノドリ出演】25週6日 924 g で産まれてから NICU を卒業するまでの体重推移を公開

【超低出生体重児】【NICU卒業生】【コウノドリ出演】25週6日 924 g で産まれてから NICU を卒業するまでの体重推移を公開

予定日よりも早く産まれちゃった!

うちの子は超低出生体重児として産まれたけど、順調に育っているんだろうか!?

友達が早産したみたいで、XXX グラムしかないのよねー。。と言われたけど、いまいち反応に困る!

という方のために、息子の体重推移をまとめてみました!

 

さっそくいってみましょう!

こんな感じです。

 

特徴としては、まず最初に体重が落ちる、ということですね。

これは、生理的体重減少と呼ばれていて、体内の水分が蒸発することで体重が減る現象です。

息子は、浮腫と呼ばれるむくみが、脇や首にありましたが、日が経つにつれてすっきりとしていきました。

 

生後40日を境に、体重測定の頻度が上がっているのは、お風呂で服を脱がせるタイミングで、毎回測定していたからです。

それまでは、保育器の中にいたので、なかなか測定できませんでした。

 

論文などで低出生体重児の体重推移データを見てみると、

1,000 g 程度で産まれた子は、

大体生後40日で 1,500 g 、60日で 2,000 g になるそうです。

息子は少し遅め、ということになりますね。

 

NICU に通っているときは、毎日の体重増加が息子の成長を感じられる指標の一つだったので、とても気になっていました。

同じような状況の方や、周りに同じような状況の方がいる際に、参考にしていただければと思います!

ちなみに、現在の息子は生後8か月、修正5か月で約 5,700 グラム。

順調に成長しています!

同じぐらいの週数の赤ちゃんに比べて小さくても、あまり気にしなくてもいいのかもしれませんね!

 

と、いうことで、NICU 入院記は、これにて終了!

次回からは、親子三人、1LDK での生活です!

 

続き:【超低出生体重児】【コウノドリ出演】【成長記録】日齢112 – 115 家で家族三人の生活がスタート!