【子育て支援】【制度利用】”ハマの子育て” 横浜子育てサポートシステムに登録してきた

【子育て支援】【制度利用】”ハマの子育て” 横浜子育てサポートシステムに登録してきた

横浜市には、子育てサポートシステムという、一時的に子供を預かってもらえるサービスがあります。

ウチは、夫婦ともに育休中なので今のところ使う予定はないですが、お互いの両親が近くに住んでいないので、

職場復帰した際に、いざというときのために、今のうちから準備しておこうと思い、登録することにしました。

子供を預けられる利用会員 と 子供を預かる提供会員 がありますが、僕たちはまだまだ未熟なので利用会員としての登録です!

どんなサービスが受けられるの?

原則 7時~19時までの間に、生後57日~小学校6年生までの子供を、好きな場所で預かってもらえます。

利用シーンとしては、夫婦ともに用事が入ってしまったとき、リフレッシュするための自分の時間を取りたいとき、保育園や小学校から習い事への送迎、などですね。

三つ目の 小学校→習い事や学童 の送迎を代行してくれたら、夫婦でフルタイムで働くことも可能かもしれません。

助かりますねー!

平日上記時間内なら1時間800円、それ以外の時間なら1時間900円と、とても良心的な値段設定です。

 

利用までの流れは?

まずは、入会説明会を住んでいる区の施設で受けます。

僕が住んでいる神奈川区なら、かなーちぇで受けられます。

その後、必要書類を提出すると、登録完了。

 

サポートを依頼する際は、

1.コーディネータへの援助申請

2.提供会員との事前打ち合わせ

3.サポート提供

という流れです。

 

提供会員さんとの事前打ち合わせはサポートの内容の確認を行うのですが、活動場所で行わないといけないので注意が必要です。

つまり、利用会員の自宅で預かってもらうときは自宅で、保育園から塾への送迎なら実際にそのルートで確認を行う必要があります。

 

最近は利用する人が増えてきているので、会員同士のマッチングもさることながら、この事前打ち合わせの日程調整も難しくなってきているそうです。

利用の際は、最低でも1週間前までに援助申請を行ったほうがいいですね。

なお、事前打ち合わせは、サポートの内容が変わらなければ、2回目以降は不要だそうです。

 

楽しく、余裕をもって子育てすることは、息子にとってもとても大事なことなので、こういったサービスは積極的に使っていきたいと思います!

使ったときは、体験記事を書きますね。