【超低出生体重児】息子が産まれる時の話12(完) (25週6日)

【超低出生体重児】息子が産まれる時の話12(完) (25週6日)

【25週6日】

AM 6:08

妻からのメールで起床。
やっぱり、検査とはいえ、お腹に針を刺すことへの恐怖感や検査結果への不安があって、あまり眠れなかったとのこと。

AM 8:05

妻からのメール

血液検査とエコー診察を行った。

羊水量は昨日より減少。

血液検査の結果(免疫力など)は、許容範囲内。

僕はいつも通り、会社に出社。

AM 9:19

妻からのメール

羊水検査についての説明を昨日に続き、再度受けたとの報告。

いよいよ検査が来る。

PM 0:12

妻からのメール

羊水検査が終わったとのこと。

昨日の担当医の話によると、検査結果は2時間ほどでわかるそう。

上司に伝え、病院に向かう。

PM 1:00

妻からのメール

検査結果を伝えられ、羊水に感染が確認されたため、すぐに帝王切開での分娩を行うとのこと。

思ったよりも早い連絡に焦る。

一緒に聞いてあげたかった。

PM 1:15

病院に到着

PM 1:30

妻が分娩室へ移動

帝王切開なので、立ち合いはできないため、連絡用のPHSを渡される。

最後の写真撮影をして、妻を送り出した。

1時間程度で出産は終わり、その後の処置にもう1時間ほどかかるとのこと。

じっとしているとそわそわするので、院内をうろうろすることに。

PM 2:23

PHS、鳴る。

息子が無事に産まれたとの連絡。

妻も元気とのこと。

ほっと一息。
息子は今、蘇生室というところで産後の処置を受けており、面会OK。

看護士さんに案内されて、部屋に通された。

産まれたばかりの息子とご対面。

たくさんのチューブや心電図用のケーブルがついており、痛々しい。

でも、よく頑張ったね。

思っていたよりも大きく、ちゃんと人の形をしていたことに安心。

処置をしてくれた新生児科の先生と話していると、息子がうっすら片目を開けて僕のほうを見てくれた。

お腹の中にいる時から聞いていた声の主が、隣にいることが分かったんだろうか。

息子とじっと見つめあう。

父親になった実感が湧いてきてうれしくなった。

PM 3:30

妻が病室に戻ってくる。

麻酔が効いていて下半身に全く感覚がないそう。

よく頑張ったね。

つらい思いをしながら、点滴や注射の痛みに耐え、眠れない夜を超え、無事に息子を産んでくれた妻に、改めて感謝。

少しすると担当医が入ってきて、今回の分娩に関する説明をしてくれた。

体重 924グラム
身長 33センチ

昨日の段階では700グラム程度と聞いていたので、驚いた。

先生も少し恥ずかしそうに、「産まれる時に大きくなったのかしら?」と言っていた。

無事に産まれてくれたからなんでもいいや。

破水してから、2週間耐え忍び、体重は300グラムも増えた。

この2週間と300グラムがなければ、家族三人、今とは全く違った人生になっていたはず。

とてもつらい2週間だったけど、家族の絆は深まったし、息子への愛情は強くなった。

どんな状態で産まれても、愛してあげられる決心もついた。

災い転じて福となす。

僕にとっては、今後の人生感を決める、最高に有意義な2週間だった。

つらいとき、親切に、優しく支えてくださった、病院の皆様、会社の先輩後輩、家族、大学の同期には、感謝の気持ちでいっぱいです。

これから家族三人で、少しずつ恩返ししていこうと思います。

0-1

 

息子が産まれた時の話、完。

 

次は:【超低出生体重児】【NICU奮闘記】【コウノドリ出演】日齢0(修正25週6日)長い入院生活の始まり